2022年に米国の大学からの転校生が最も多い16の大学のリスト

転校生が最も多い米国の大学

大学生が米国に転校する理由はたくさんあります。専攻を変更して自分に合った学校に転校する人もいれば、2年制大学から始めて、4年制大学に転校して学位を取得する人もいます。第一希望の大学が単に適していない場合でも、学生は自分たちだけではないので安心できます。このリストからわかるように、2021年秋に米国で転校生が最も多い学校のリストから、毎年何千人もの大学生が転校しています。

続きを読む

米国の大学への編入プロセスはどのようなものですか?大学へのコースの単位認定プロセスは実際にどのように機能しますか?

アメリカン大学の移籍プロセス

登録する前に、「もしも」の質問があります。転校中に専攻を変更した場合はどうなりますか?アルバイトをしているとどうなりますか?コースの単位認定が私の学資援助に影響を与える場合はどうなりますか?

カリフォルニア:コミュニティカレッジから4年制大学への編入協定(IGETC)

カリフォルニアコミュニティカレッジの4年制大学への編入

カリフォルニアのコミュニティカレッジプログラムを開始していて、カリフォルニア大学(UC)またはカリフォルニア州立大学(CSU)システムの学校への編入に関心がある場合は、UCの編入状況協定に注意する必要があります。他のいくつかの州と同様に、UC入学委員会は、非常に寛大な大学転校方針を提供することを法律で義務付けられています。このプロセスは少し大変ですが、大学をコミュニティカレッジから4年制大学に移行することを考えている学生にとっては朗報です。

USカレッジの低GPA転送戦略ガイド(2.0未満でも)

転校するGPAの低い学生

GPAが2.0を下回った場合に別の大学に編入する方法。これが起こると、学生は「移籍の罠」に陥ります。ただし、状況によっては、別の大学への編入を検討するためのいくつかの異なるオプションまたはアプローチがある場合があります。最も重要なことは、学生はさまざまな大学に門戸を開いているか、他の道を選択し、彼らが本当に欲しいものを手に入れるために犠牲を払うことをいとわないということです。

エラー: コンテンツは保護されています!!