米国で最高の化学工学学校11校

化学、物理学、数学、問題解決に興味があるなら、化学工学はあなたにとって理想的な研究分野かもしれません。化学技術者は需要が高く、他の多くの種類の技術者よりも平均給与が高くなっています。米国労働統計局によると、化学技術者の給与の中央値は108,000ドルを超えています。

最も強力な学部工学プログラムには化学工学があります。米国には、この分野で学位を提供している188の4年制非営利団体があります。化学技術者は、大きなタンク、幅の広いパイプ、複雑な加熱、冷却、混合システムを備えた工場で働くことが多いため、工学の実践的な研究には、大きな設備と多くのリソースが必要です。一方、化学技術者も使用します。強力な機器には、ナノテクノロジー、顕微鏡検査、および特性評価が必要です。したがって、最高の化学工学プログラムは通常、十分な実験室スペースと研究資金を備えた大規模な大学で行われ、トッププログラムは学生にインターンシップや共同体験の機会も提供します。

以下にリストされている11の学校は、プログラムの長所、教師のリテラシー、実験室のスペースの質、および卒業生の専門的な業績に基づいて選択されました。すべてのプログラムには優れた化学工学コースがあり、学生に十分な研究機会を提供します。

カリフォルニア工科大学

カリフォルニア工科大学ベックマン研究所
カリフォルニア工科大学ベックマン研究所

カリフォルニア工科大学のパサデナにあるCaltechは、MITの工学プログラムと同等であり、その化学工学プログラムは全国的に高く評価されています。このプログラムはこのリストの中で最小であり、毎年わずか12の学士号を授与します。とは言うものの、小さいことはCalTechを際立たせる1つの側面です。教育機関全体の学部生は1,000人未満です。学生と教員の比率が3:1であるため、学生は注目を集め、多くの研究機会を得ることができます。

カリフォルニア工科大学には、化学および化学工学科で教鞭をとる44人の教員がおり、化学、化学工学、および生化学の分野間で健全なパートナーシップを築いています。化学工学の学生は、3年生から4年生の間、生体分子、環境、材料、またはプロセスシステムの4つのサブフィールドのいずれかに焦点を当てます。すべての学生は、上級論文を通じて独立した研究を行う機会があります。

カリフォルニア工科大学の入学要件は非常に高く、入学合格率は1桁で、SATの数学のスコアは790〜800で、ACTの数学のスコアは35または36です。

ジョージア工科大学(ジョージア工科大学)

ジョージア工科大学

ジョージア工科大学は一貫して全国で最高の工学学校にランクされているだけでなく、州の比較的低い授業料は公立大学として優れた価値を表しています。学校はアトランタにあるため、学生は数多くのインターンシップの機会に簡単にアクセスできます。

ジョージア工科大学の化学工学と生物医学工学のプログラムは、2つの分野が多くの重複を持っているため、学校を共有しています。化学および生体分子工学の学校は、エネルギーと持続可能性、バイオテクノロジー、複雑なシステム、材料とナノテクノロジーなどの分野で大きな強みを持っています。非常に優れたAPまたは転送単位を持つ優秀な学生は、ジョージア工科大学の5年間のBS/MSプログラムで有利になります。

化学工学はジョージア工科大学で人気があり、毎年200人以上の学生がこの分野で学士号を取得しています。すべての専攻の先輩は、絶頂設計プロジェクトを完了します。上級生は、工学や経済分析などの設計上の課題に4〜5人の学生のチームで取り組んでいます。これらのプロジェクトは、Eastman Kodak、Chevron、Exideなどの企業によって後援されており、その作業は工学部へのプレゼンテーションで最高潮に達します。

ジョージア工科大学への入学は、カリフォルニア工科大学、マサチューセッツ工科大学、スタンフォード大学のような学校ほど選択的ではありませんが、それでも非常に選択的です。志願者の約20%が入学を許可されており、SATとACTのスコアは平均をはるかに上回っている傾向があります。

マサチューセッツ工科大学

MIT

MIT多くの場合、米国および世界中のトップエンジニアリングスクールにランクされており、その化学工学プログラムも最高の1つです。 MITの化学工学は、毎年約30の学士号、40の修士号、および50の博士号を授与しています。大学院生の数が多いということは、大学生が研究室でリサーチアシスタントとして働く機会が十分にあることを意味し、これらのポジションは、多くの場合、学校の学部研究機会プログラム(UROP)を通じて支払われます。この部門には40の研究所があり、学生はエネルギー/持続可能性、バイオテクノロジー、ポリマー、製造、ナノテクノロジー、表面科学などの分野で研究を行うことができます。

MITマサチューセッツ州ケンブリッジに位置し、ボストンからチャールズ川を渡ったところにあるこの都市には、追加の機会を提供する多数のテクノロジー企業があります。ハーバード大学、ノースイースタン大学、BU、ウェルズリー、ブランデイス、および他の多くのボストン地域の大学などの近くの大学や大学。

MITの合格率は一桁であり、志願者は、MITの多様で創造的な強力で折衷的な学生の体にうまく適合するために、優れた高校の成績証明書、ほぼ完璧なSATまたはACTスコア(特に数学のスコア)、および個人的な資質を必要とします。

プリンストン大学

プリンストン大学

プリンストン大学エンジニアリングプログラムは、国内および国際的に、このリストの名門アイビーリーグスクールの唯一のメンバーです。大学は、化学工学の約40の学士号と、毎年30の大学院の学位を授与しています。多くの学校と同様に、大学の化学および生物工学専攻は同じ学部に収容されています。学生は、エネルギーと環境、表面科学と触媒作用、生体分子工学、細胞と組織工学、複雑な材料と処理、理論とシミュレーションの6つの重点分野から選択できます。

教育機関は、63%が女性である学生の多様性に誇りを持っています。化学工学の学部生の29%は直接大学院に進学し、10%は医療または製薬業界に進学し、18%は管理および技術コンサルティングに進学しています。

プリンストン大学は、より厳選されたIvis大学のひとつであり、合格率は約6%です。多くのトップエンジニアリングプログラムと同様に、志願者は、輝く高校の成績証明書、非常に高い標準テストスコア、および教室の外での印象的な成績を必要としています。

ライス大学

Lovett Hall、ライス大学、ヒューストン、テキサス、米国
Lovett Hall、ライス大学、ヒューストン、テキサス、米国

ライス大学このリストにある2つのテキサス大学の1つである、ヒューストンの化学工学プログラムは高く評価されています。専攻は学部生の間で最も人気のあるプログラムの1つであり、毎年50人以上の学生を卒業しています。毎年さらに30人の学生が、化学工学の大学院の学位を取得しています。学生と教員の比率が6:1で、65億ドルの寄付金があるという大学の学部の焦点は、学生が有償の研究を行う十分な機会があることを意味します。化学および生体分子工学科には、カーボンハブ、データサイエンスに焦点を当てたケンケネディ研究所、ライスエネルギーおよび天然資源イニシアチブであるライスENRIを含む5つのセンターと研究所があります。ライスはテキサスの石油産業と長い関係があり、今日、多くの学生や教職員がクリーンで持続可能なエネルギーに関連する問題を模索しています。

化学工学の学士号を取得する学生は、バイオテクノロジーとバイオエンジニアリング、計算工学、環境工学、材料科学と工学、持続可能性とエネルギー工学の5つの専門分野から1つを選択できます。学生は工学を専門とせず、代わりに工学の幅に焦点を当てることを選択することもできます。学士号を取得した後、学生は化学工学の修士号を取得するために5年間滞在することができます。

リストにあるいくつかの学校と同様に、ライスは非常に選択的であり、受け入れ率は1桁です。入学した学生は、高校で「A」の平均を持ち、SATまたはACTのスコアが上位1パーセンタイルまたは2パーセンタイル内にある傾向があります。

ローズハルマン工科大学

ロスホルマン工科大学
ロスホルマン工科大学

ロスホルマン工科大学小規模(約2,000人の学生)で、学部生が集中しており、インディアナ州テレホートを拠点としています。意欲的なエンジニアの中にはなじみのない人もいます。より親密な学部の経験を探している学生にとって、ローズハルマンは真の焦点機関であり、実際には学部に焦点が当てられており、化学工学は学校で2番目に人気のある専攻です(機械工学に次ぐ)、

学部に焦点を当てたRose-Hulmanは、大学院の研究者ではなく、教員と直接仕事をする機会を学生に提供します。 ChemEの学生は、研究の最初の年からの実践的な研究経験から始めて、ハイベイ研究所と単位操作研究所で働いています。学生が興味のある分野を開発するとき、彼らは6つの分野の1つに特化する機会があります:高度な化学工学分析、エネルギー生産と利用、産業とプロセス工学、数学、および工学管理。

ローズハルマン工科大学はこのリストで最も訪問された学校ですが、74%の合格率で志願者をだましているはずです。志願者は自己選択する傾向があり、合格者は非常に強力な学業成績と平均をはるかに超えるSAT/ACTスコアを持っている傾向があります。

スタンフォード大学

スタンフォード大学

スタンフォード大学カリフォルニア大学ベイエリアにあるカリフォルニア大学バークレー校は、西海岸のエンジニアリングプログラムを支配しており、米国のトップ10プログラムの1つです。スタンフォード大学の化学工学プログラムでは、毎年約25の学士号を取得し、さらに50以上の大学院の学位を取得しています。 ChemEは学校で最も人気のあるSTEM分野の1つではありませんが、教員、リソース、および研究の機会は素晴らしいです。学生は20の研究グループの1つに参加する機会があり、教員は14の研究およびトレーニングセンターと提携しています。多くの高度な化学工学プログラムと同様に、スタンフォード大学は、エネルギー、環境、および人間の健康技術に関連する研究に重点を置いています。

大学の合格率は約5%で、生徒は中等学校の成績が高く、高水準のテストスコア(通常はSATで1500以上)、教室外での優れた成績で入学できます。

カリフォルニア大学バークレー校

カリフォルニア大学バークレー校
カリフォルニア大学バークレー校

州内の申請者にとって、カリフォルニア大学バークレー校はスタンフォード大学よりも申請が難しくなく、合格率は12%未満であり、工学は大学全体よりも選択的です。バークレーは、一貫して全国で最高の公立大学の1つにランクされています。化学工学は人気のある専攻であり、毎年120人以上の学生がこの分野で学士号を取得し、60人以上の学生が化学工学の大学院の学位を取得しています。

バークレーの化学および生体分子工学科には、26人の専任教員と多くの講師および研究者がいます。研究分野は、生体分子工学、生体分子工学の4つのカテゴリーに分けられます。エネルギー、持続可能性、触媒作用および電気化学工学、理論、計算システムおよび機械学習、および材料とインターフェース。

ミシガン大学—アナーバー

ミシガン大学アナーバー校
ミシガン大学アナーバー校

カリフォルニア大学バークレー校のように、ミシガン大学の旗艦キャンパスであるアナーバーは、多くの場合、米国で最高の公立大学のトップにランクされており、この学校はその強力なSTEM分野で知られています。ミシガン州の1,100人以上の学生が毎年工学の学士号を取得しており、10%以上が化学工学を専攻しています。ショーはしばしば「U.S. News and World Report"トップ5。

ミシガン大学の学部生は、サマー大学の工学研究プログラム(SURE)や大学の研究機会プログラム(UROP)などを通じて、研究を行う多くの機会があります。大学の研究機関およびセンターには、生物学的インターフェース研究所、エネルギー研究所、フォトニクスおよびマルチスケールナノ材料センター、およびミシガンデータサイエンス研究所が含まれます。大学には、ナノファブリケーション施設、電子マイクロビーム分析ラボ、高温腐食ラボ、バッテリーラボなどの印象的な研究施設もあります。

ミシガン大学の合格率は20%であり、入学手続きは全体的なものであり、エッセイや課外活動も非常に重要です。

テキサス大学オースティン校

テキサス大学オースティン校
テキサス大学オースティン校

テキサス大学オースティン校STEMに優れた強みを持つ先進公立大学です。 50,000人以上の学生がいるため、大学での親密な経験を探している場合は良い選択とは思えないかもしれませんが、化学工学プログラムは、緊密なコミュニティとメンタリング文化に誇りを持っています。毎年150人以上の化学技術者が卒業するため、規模にも利点があり、学校にはカリキュラムと教員研究の両方で幅広い幅があります。このプログラムには、31人の専任教員がいます。

化学工学の学生は、新入生の2学期中に学部のリサーチアシスタントになる機会があります。研究分野には、エネルギーバイオテクノロジー、モデリングとシミュレーション、プロセスエンジニアリング、環境エンジニアリング、および先端材料、ポリマー、ナノテクノロジーが含まれます。卒業生の90%以上が、学士号を取得してから6か月以内に就職または大学院プログラムに入学します。

UTオースティンは申請者の約3分の1を認めており、十分に高い成績のテキサス州の住民は「自動入学」を取得します。ただし、UTへの入場が保証されているからといって、エンジニアリングプログラムへの入場が保証されているわけではないことに注意してください。

ウィスコンシン大学マディソン校

バスコムホール

ウィスコンシン大学マディソン校フラッグシップキャンパスは、非常に強力なSTEMプログラムを備えた公立大学です。化学工学の100人以上を含む、毎年1,000人以上の学生が工学の学士号を取得しています。大学の化学および生物工学科には、生物工学、触媒作用、材料およびシステムの4つの幅広い研究重点分野があります。大学には、NSF材料研究科学工学センターとNIHが資金提供する最大のバイオテクノロジートレーニングプログラムがあります。

学部生は研究に参加することが奨励されており、プログラムは有料およびクレジットベースのオプションを提供します。多くの学生も協力プログラムに参加しています。優秀な学生は、CBE489 Research Honorsコースを受講できます。このコースでは、学生は教員のメンターと一緒に研究を行い、上級論文を書き、教員委員会に自分の研究成果を発表することができます。

ウィスコンシンには多数の志願者がおり、入学した学生は「A」の平均と平均をはるかに超える標準化されたテストスコアを持っている傾向があります。合格率は約50%です。

コメントする

エラー: コンテンツは保護されています!!